アルバイト面接の服装は何がいい?

アルバイト面接では基本的に電話で面接の日時を決めてから面接本番になります。
面接というのは、面接を受ける方の人間性を見られる場です。電話での申し込みの時点から相手に悪い印象を持たれないようにしなくてはなりません。

 

アルバイト面接に失敗する人で最も多いタイプは、マナーが身についていないことです。
相手の話を聞く姿勢や話し方など、細かいマナーはたくさんあります。

 

アルバイト面接であればそこまで高度なマナーを身につけるというのは必要ないと思いますが、面接官の目を見て受け答えすることや、ハキハキと自信を持ってお話することが大事になってきます。

 

さらに、面接で良い結果を残すために大事なものは履歴書です。
履歴書には自分の名前や住所わ書く欄のほかにも特技や志望動機などを書く欄があります。

 

人によっては特技が思い当たらず悩んだり志望動機もなんて書いたら良いかわからないという方もいると思います。
しかし、履歴書というのは、基本的に空欄があれば良い印象は持たれません。
履歴書は内容よりも空欄を作らないことを意識したほうが良いのです。

 

次に身だしなみです。
身だしなみは面接の際、その場の雰囲気を左右するといっても過言でないほど重要な部分です。

 

アルバイト面接であればスーツで行かなくても大丈夫です。

なかには、ジーパンなどの日頃ファッションとして身につけているもので面接に行くということに抵抗がある方もいるかもしれませんが、アルバイトであれば大丈夫です。

 

ただし、まわりから見ても派手だなという格好は避けましょう。

あくまで普通の格好というのが大事です。

 

服装が決まったら男性であればヒゲを剃り爽やかにしましょう。

指輪やピアスなどのアクセサリーは外しておきましょう。

 

女性の場合、ノーメイクを避け薄く化粧をしていくのがベストです。

髪は長ければ束ねるなどして爽やかにしましょう。