転職は自分を試す絶好の機会

今の日本の雇用市場においては転職組も決して肩身が狭いわけではありません。むしろ、自分自身のステップアップ、そして自分自身を試したいのであれば、積極的に転職を考えてもよいのではないかと思います。

 

しかし、転職する前にしっかり自分自身の中で整理しておく駅ことがあります。そのポイントを記載していきたいと思います。

 

まずは自分自身の仕事、キャリアの棚卸です。客観的にしっかりと自分自身のやってきたことを面接で説明することができるかどうか、そして、それが面接を受けている企業に必要な実績かを考えてみましょう。最終的には自分自身が偉業にとって利益をもたらすことがで来るかどうかが採用の可否の基準になることは言うまでもありません。

 

また、注意すべきこともあります。なぜ転職したのかということに対してしっかりした回答を持っておかねばならないということです。いかに実力があっても、組織になじめないのではないか、協調性はあるのかまたすぐに次のステップを見据えてやめてしまうのではないかという不安を企業側はもちます。この疑問や不信感を払しょくしてこそ、転職は成功に至るわけです。

 

以上、大きく2点をご説明してきました。とにかく転職によって、自分自身をいかにステップアップさせることができるのか一度しかない人生ですからぜひそのつもりがあるのであれば、試してみるべきだと思います。チャレンジせずにする後悔よりもチャレンジして後悔するほうがきっと後々納得できます。