転職は自分を試す絶好の機会

今の日本の雇用市場においては転職組も決して肩身が狭いわけではありません。むしろ、自分自身のステップアップ、そして自分自身を試したいのであれば、積極的に転職を考えてもよいのではないかと思います。

 

しかし、転職する前にしっかり自分自身の中で整理しておく駅ことがあります。そのポイントを記載していきたいと思います。

 

まずは自分自身の仕事、キャリアの棚卸です。客観的にしっかりと自分自身のやってきたことを面接で説明することができるかどうか、そして、それが面接を受けている企業に必要な実績かを考えてみましょう。最終的には自分自身が偉業にとって利益をもたらすことがで来るかどうかが採用の可否の基準になることは言うまでもありません。

 

また、注意すべきこともあります。なぜ転職したのかということに対してしっかりした回答を持っておかねばならないということです。いかに実力があっても、組織になじめないのではないか、協調性はあるのかまたすぐに次のステップを見据えてやめてしまうのではないかという不安を企業側はもちます。この疑問や不信感を払しょくしてこそ、転職は成功に至るわけです。

 

以上、大きく2点をご説明してきました。とにかく転職によって、自分自身をいかにステップアップさせることができるのか一度しかない人生ですからぜひそのつもりがあるのであれば、試してみるべきだと思います。チャレンジせずにする後悔よりもチャレンジして後悔するほうがきっと後々納得できます。

バイトで採用されるために気をつけたい注意点

「正社員ならまだしもアルバイトならばすぐに採用されるだろう」そんな風に思っていたにもかかわらず、次々と不採用の通知をされたらとてもガッカリしてしまいますよね。

バイトすら働くことができないと将来が見えませんので何としてでも採用されたいわけですが、ではどうしたら採用されるのでしょうか?

 

人事担当者がバイトを採用するときに選ぶポイントは、まずその人が「決められたシフトどおりに勤務できるかどうか?」ということです。

こう聞くと「そんなの当たり前だろ?」と思ってしまうかもしれませんが、自分の都合を優先した雇用の希望を出していないでしょうか?

 

「土日祝日はなるべく休みたいです」「残業はちょっと遠慮したい」「水曜日だけは他に用事があるので早退させて欲しい」など、シフトに関して要望が多い人は、どうしても不採用になりやすいです。

もしも他の面接者が「シフトの希望は特にありません」と答えていたら、よほど仕事の能力に差がみられない限りはその面接者を採用するのは誰でもわかりますよね?

ですから、よっぽどのことがない限り雇用先企業の条件通りに働く意向を示すことがバイトで採用されるポイントです。

 

そして、面接では必ず仕事に対する熱意を見せることも大事です。

心の中で「どうせバイトだしなあ」と思っていたりすると、ちょっとした言動からその気持ちを見抜かれてしまうことがあります。

相手は面接者を見抜く人事のプロだということを忘れてはならないのです。

 

以上の2点に気をつけるだけでも、かなり採用されやすくなりますので、できれば注意を払ってみて下さい。

アルバイト面接の服装は何がいい?

アルバイト面接では基本的に電話で面接の日時を決めてから面接本番になります。
面接というのは、面接を受ける方の人間性を見られる場です。電話での申し込みの時点から相手に悪い印象を持たれないようにしなくてはなりません。

 

アルバイト面接に失敗する人で最も多いタイプは、マナーが身についていないことです。
相手の話を聞く姿勢や話し方など、細かいマナーはたくさんあります。

 

アルバイト面接であればそこまで高度なマナーを身につけるというのは必要ないと思いますが、面接官の目を見て受け答えすることや、ハキハキと自信を持ってお話することが大事になってきます。

 

さらに、面接で良い結果を残すために大事なものは履歴書です。
履歴書には自分の名前や住所わ書く欄のほかにも特技や志望動機などを書く欄があります。

 

人によっては特技が思い当たらず悩んだり志望動機もなんて書いたら良いかわからないという方もいると思います。
しかし、履歴書というのは、基本的に空欄があれば良い印象は持たれません。
履歴書は内容よりも空欄を作らないことを意識したほうが良いのです。

 

次に身だしなみです。
身だしなみは面接の際、その場の雰囲気を左右するといっても過言でないほど重要な部分です。

 

アルバイト面接であればスーツで行かなくても大丈夫です。

なかには、ジーパンなどの日頃ファッションとして身につけているもので面接に行くということに抵抗がある方もいるかもしれませんが、アルバイトであれば大丈夫です。

 

ただし、まわりから見ても派手だなという格好は避けましょう。

あくまで普通の格好というのが大事です。

 

服装が決まったら男性であればヒゲを剃り爽やかにしましょう。

指輪やピアスなどのアクセサリーは外しておきましょう。

 

女性の場合、ノーメイクを避け薄く化粧をしていくのがベストです。

髪は長ければ束ねるなどして爽やかにしましょう。

人事課社員が教える!アルバイトの採用率を上げる方法

人事課社員が教える!アルバイトの採用率を上げる方法

 

gum11_ph02049-s私は、とある飲食チェーンの人事課で働いていた経験があります。

仕事柄、毎日のように多くのアルバイト希望者と接してきました。

 

もちろん面接と選考作業も担当していました。

その経験から言える事は、その時期によって採用基準が変わるという事です。

 

例えば人手不足が深刻で、なおかつ応募者が少ない場合には、選考基準は下がりますし、逆に比較的余裕がある時に多くの応募者がいれば選考基準が上がります。

選考基準とは容姿や受け答えを含めた人柄、テストなどの結果ですね。

経歴も含まれる場合があります。

 

そして実は勤務可能日数・曜日・時間・時間帯がポイントとなります。

私の会社ではこれを「勤務条件」と言っていました。

 

選考基準が高い時期なのか低い時期なのかは、事前に応募者からは分かりません。

運悪く選考基準が高い時期だと不採用になる人の方が多い場合もあります。

 

ですからアルバイトの面接に落ちてもそれほど落ち込む必要はありません。

時期が悪かった可能性もあるからです。

 

さて選考基準の内、経歴は変える事が出来ませんし、容姿や人柄をアップさせるのにも限度があります。

しかし、曜日や時間の勤務条件は違います。

 

例えば平日しか働きたくないと思っていても、土日も働けるように調整するのは可能でしょう。

いろいろな用事はあるかも知れませんが、出来るだけ勤務不可の曜日や時間をなくし、「いつでも働けてどの時間でも構わない」と履歴書に記載した上で面接でも答えて下さい。

 

面接担当者としての経験上、この申し込み方なら優先して採用される可能性が高まります。

アルバイトの面接がなかなか受からない3つの理由

アルバイトを始めるにあたって、ほぼ必ずと言って良いほど、面接があります。

しかしこの面接がなかなか受からないで何度も落ちてしまい、気持ちも非常に落ち込んでいるという方は、かなりいらっしゃると思います。

 

その場合まずはなぜ自分が面接に受からないのかという事を、一度ゆっくり考えてみましょう。

それが分からないまま、次から次へと面接を受けても、時間が無駄にかかってしまうだけの可能性が高いです。

ではアルバイトの面接に受からない理由として、具体的にどのような理由が考えられるか、3つ挙げさせて頂きます。

 

真面目な服装

 

1つめは身だしなみの問題です。

これは多くのアルバイトの面接において、「必ず見られている」と言っても過言ではありません。

(中にはそういった部分において、多少寛容なところもありますが・・)

しかしやはり身だしなみの問題はとても重要ですので、服装など面接官の方に、真面目そうに見える印象を持って頂く様にしましょう。

 

履歴書をしっかり書く

 

2つめは履歴書の内容です。

アルバイトの面接でも履歴書を書く場合が多いですが、これがしっかりと書けているかどうかも、とても重要です。

特に「なぜここでアルバイトがしたいのか」という志望動機を、しっかりと書けていればそれは好印象に繋がります。

 

礼儀正しく

 

最後に3つめはマナーの問題です。

1つめの身だしなみもマナーの1つですが、面接官の方が話している最中はしっかりと正しい姿勢で聞くなど、そういった点もご注意下さい。

アルバイトに採用されやすくなる2つのポイント

「いくつものアルバイトの面接を受けたのに採用されなかった・・」

など、なかなか採用されず悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

最近では、不景気の煽りを受け、アルバイトであっても数十倍にも及ぶ倍率となっているところも存在するため、「アルバイトだから♪」と甘く見ていては採用されるのは難しいでしょう。

 

そこで、以下ではアルバイトで採用されるためのコツをご紹介していきます。

 

1.質問の答えを準備する

ttlb104-s

アルバイトの採用の合否を決める上で非常に大きなウェイトを占めるのが、面接です。

勤務条件に適していたとしても面接で、悪印象を与えてしまっては受かることはまずありません。

 

アルバイトの面接では、基本的に決まりきった質問がなされますので、そうした質問に対しては事前に準備していくことが大切です。

スムーズに答えられれば、それだけ評価としてはプラスになります。

 

2.態度も重視される

ilm08_bd04008-s

面接では、受け答えだけでなく態度もとても重視されます。

特にお客さんと頻繁にコミュニケーションを行う仕事であれば、最も重視されるポイントと言っても過言ではありません。

 

どういった態度が望ましいのかと言うと、第一に明るさです。

対お客さん、対職場の人どちらのであっても暗い人より明るい人が好かれるのは当然のことです。

 

また、第二としては相手に応じて適切な対応が取れるかという点です。

お客さんに対して正しい敬語で接することができるか、先輩の言うことを守れるかといった点も重視されます。

 

関連: 元人事担当者からの転職アドバイス